オンライン診療バイトを早めにやっておくことは「先行者利益」になる3つの理由

オンライン診療バイトは、実際のところ対面での外来診療バイトや当直バイトなどに比べると、求人数はまだまだ少ないというのが実情です。

しかしながら、クリニックでの対面診療での外来バイトの求人であっても「オンライン診療あり」といったものも増えつつあります。こうした事情を踏まえますと、実はオンライン診療バイトを早めにやっておくことは「先行者利益」になると考えられるのではないでしょうか。

今回の記事では、その理由について書いてみたいと思います。

理由1 「経験」が物を言うオンライン診療バイト

オンライン診療バイトでは、「オンライン診療研修」を受けているかどうかというところは、一つ判断材料にはなりますが、それ以外、資格もあるわけでもないので、「経験」が物を言うこととなります。

つまりは、「オンライン診療を経験しているか否か」ということを重視されるということです。実際、求人票に「オンライン診療の経験者歓迎」といった文言が記載されているところもあります。

ですので、「オンラインを経験しておく」こと自体で、バイトの幅を広げられるチャンスがあると考えられるわけです。

理由2 求人に応募する時の心理的ハードル

私も初めてのオンライン診療バイトに応募する際、「オンライン診療ってどんな感じなんだろう…」と不安に思うことが多々ありました。

一方で、一回やってしまえば「あ、なんだこんなものか」と感じられ、心理的なハードルはグッと下げられました。

この点で言えば、上記のような「経験は採用されるか否かという一つのポイントになる」ということだけでなく、応募する側が「応募する際に躊躇することが減る」という点でもメリットになるのではないかと思われます。

理由3 雇用条件を見る目が培われる

現状、オンライン診療はまだまだ発展途上で、求人自体も「条件はピンキリ」ということが言えます。特に自宅で勤務するタイプのオンライン診療バイトはその面が大きいと思います。

そのため、求人票を見て、ある程度は「これは好条件」「これはうーん…やめとこう」という見る目が培われているのではないかと思います。これはやはり実際に一度勤務してみないと分からないところであると思います。

・時給やインセンティブ(患者さんを見るごとでの報酬)のバランス
・勤務体系(シフト制なのか、時間や曜日が固定されているのか)
・働きやすさ(どんなツールで診療を行うのか、バックアップ体制)
・1時間毎の診療人数
など、求人票を見て想像がつくのではないでしょうか。この点、好条件の求人を見分けられるのではないか、と思われます。

以上です。
もしこれからオンライン診療バイトをやってみようかとお考えでしたら、ぜひ開始してみてはいかがでしょうか。メリットは上記の理由で大きいと思います。

求人をお探しということでしたら、

マイナビDOCTOR

エムスリーキャリア

などに掲載されていることがありますので、まずはこちらにご登録の上、お問い合わせいただいてはいかがでしょうか。

「在宅でのオンライン診療バイト」求人を私が実際に探している方法
医師がバイト求人を探すとなりますと、「ネットで探す」という方も増えてきておられるように思います。しかしながら、まだまだ「オンライン診療」の求人は希少で、「探しているけど、上手く見つけられない」という方も多いのではないでしょうか。 そこ...
「オンライン診療バイト」のオススメな求人が分かる3つのポイント
オンライン診療バイトの求人は、まだまだ希少ということもあって、出たら「興味あるし、とりあえず応募してみようかな」と思われるかもしれません。 ですが、ちょっとお待ちを。「オンライン診療バイト」の中でも、好条件な求人というものは存在してい...
タイトルとURLをコピーしました