AGA治療のオンライン診療バイト求人に応募してみた-書類選考・採用面接までの流れ

オンライン診療の研修を修了したということもあり、

オンライン診療研修・緊急避妊薬の処方に対する研修の「演習問題」に合格するコツ・対策
オンライン診療バイトを行う上では、オンライン診療研修・緊急避妊薬の処方に対する研修を全て修了しておく必要があります。 そもそも「オンライン診療の適切な実施に関する指針」の中でも、「オンライン診療に責任を有する者として、厚生労働...

さっそくAGA治療のオンライン診療バイト求人へ応募してみました。AGA治療にした理由としては、

・そもそもED/AGA治療は求人数が多い印象。

・いきなり内科診察をオンライン診療で行うよりもハードルが高くないと思ったため。

・AGA治療であれば、マニュアル化されている部分が多いであろうと踏んだため。

ということです。エムスリーキャリアを調べていて、めぼしい求人があったため、さっそく応募してみました。

求人を出したクリニックの事情

今回、求人を出しているクリニックを運営しているのは非医療系の企業でした。業界的には結構大きい某IT系会社で、もうすでにある程度は経営を続けてきているとのこと。

登録している医師数も数十人と、結構な数が在籍しているようですが「担当医の態度が横柄で、顧客からのクレームが多い」とのことで、この際、医師の入れ替えを大幅に行うことになったとのことです。

以前は「とにかくマンパワーを」ということで、バンバン雇入れを行ったとのことですが、それでは立ち行かなくなったため、方針転換を図り、接遇にも力を入れていきたいとのことでした。

厳しくなった採用率

上記のような背景があったため、

・ITリテラシーがある程度高い

・接遇がしっかりできていて、人当たりがソフト

・診療業務がスピーディーで数をこなせる(できればAGA治療の経験者)

・緊急呼び出しがあって、シフトを入れていて診療できない時間があるのはNG

といったことを採用条件としているとのことでした。そのため、書類選考+面接で3割以下の採用率となっているとのことでした。

採用面接もオンラインで

とりあえず書類選考はOKとのことであり、採用面接を行うことになりました。面接も当然のようにZoomを用いたオンラインでの面接です。

オンライン診療がどのような流れで行われるのか、クリニックの説明、上記の条件に合致するかの確認、AGA治療の経験確認といったことが行われました。

採用面接にどのように対応すればパスしやすいのかといったことについては、次の記事で行いますが、

オンライン診療バイトの採用面接を突破しやすくするための3つのコツ
AGA治療のオンライン診療バイト求人へ、実際に応募してみました。 書類選考の後、採用面接を受けたわけですが、そこでどのように対策を行えば、その面接を突破できるのかといったコツがあると思ったため、今回の記事ではそのポイントについ...

30分ほどの面接で、その場でOKが出て、晴れてバイト開始ができることとなりました。

タイトルとURLをコピーしました