オンライン診療のメリット・デメリット

オンライン診療バイトで私が経験した「トラブル」

オンライン診療のバイトをしていて、「トラブル」というものもいくつか経験しています。ありがちなのは、患者さんによるクレームといったトラブルですが、それ以外のこともあったりします。 なかなか回避は難しい問題だったりもしますが、実際に起きて...
オンライン診療バイトの始め方

オンライン診療バイトが医師の側にとっても「より身近になる」フェーズの変化

オンライン診療バイトにおいて、現在は求人がごくわずかだった黎明期から移り変わりつつあります。もちろん、まだまだ希望者に比べて求人は少なく、採用倍率は高い段階です。 しかしながら、フェーズは一段階たしかに変わり、将来的にはフェーズがさら...
オンライン診療バイトの注意点

オンライン診療バイトと「厳しい目」を向けられる医師

オンライン診療バイトを私が始めようと思ったところ、まず「医師も厳しい選別の目を向けられ、しっかりとふるいにかけられる」ということを強く感じました。 もちろん、対面診療であっても、好条件・人気エリアの外来診療バイトなどですと同様に「採用...
オンライン診療バイトの始め方

オンライン診療バイトでよくある二つの誤解

オンライン診療バイトは、「やってみたい」と思う医師が増えつつある一方で、まだまだ誤解を抱かれているなぁと思う部分があります。 これは、実際にオンライン診療バイトをやってみたことがあれば「なんだ、誤解か」と感覚的に思える部分ですが、まだ...
オンライン診療バイトの始め方

オンライン診療バイト求人の黎明期から現状、そして将来

オンライン診療のバイトをめぐる環境としては、コロナ禍を契機に大きく変わったと思います。緊急事態宣言が出された真っ只中、その頃に私も注目をし始めたわけですが、自宅でのオンライン診療バイト求人が募集をし始めるようになっていました。 ですが...
オンライン診療バイトの注意点

オンライン診療バイトをしている医師が「バイトの乗り換え」を検討する2つの理由

オンライン診療バイトを経験したことがある方で、「バイトの乗り換え」を検討されていることは結構あります。 私が以前勤務していたクリニックにいたドクターで、全く同じタイミングで辞めて、私が新たにエントリーした求人に...
オンライン診療バイトの始め方

オンライン診療バイトの採用で「経験者」であることが売りになる現状と今後

オンライン診療バイトの求人は多くなりつつある状況ですが、それでもオンライン診療の経験ドクターは37.1%であり、4割未満とのことです(Dr.アルなびによる2023年7月アンケート結果より)。 こうしたことを踏まえますと、まだまだ「オン...
オンライン診療バイトの始め方

オンライン診療バイトの求人で「不採用だった」時に行うべきこと

オンライン診療バイト、特に自宅でのオンライン診療バイトの求人は、全国から応募がありますし、また希望者に比べて求人数がまだまだ少ないという事情から、採用に関して高倍率になりやすいです。 そのため、「不採用になる」ということも当然あり得る...
採用面接対策

オンライン診療バイトの採用面接で使える「小ワザ」まとめ

オンライン診療バイトの採用面接と言いますと、基本的にはZoomやGoogle Meetでのビデオ通話での参加ということになります。 最近ですと、一つの求人に対する競争率も上がる傾向にあり、採用面接で「少しでもポイントを稼いでおきたい」...
採用面接対策

オンライン診療バイトでよくある「採用面接」の実際のパターン

オンライン診療バイトの採用面接は、一般的な対面診療のバイトとは異なることもあります。私も初めてエントリーして採用面接を受けた時には、少々困惑したこともありました。 慣れれば「ああ、こういうものだよな」とすぐに対応できると思いますが、も...
タイトルとURLをコピーしました